ケノンで永久脱毛は可能ですか?


永久にムダ毛が生えてこないこと、それが永久脱毛だと思ったら大間違い。
実は国内での明確な定義はないんだけど、米国電気脱毛協会というところでは、「最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法」と定義しているらしいわね。
でも、そんな定義はあんまり関係ない。だってそれ商売として脱毛しようとする側が、どこかで線引きするためのものだから。実際日本では永久脱毛は医療機関以外がやってはいけないことになってるわ。
じゃあケノンで永久脱毛はできないの?って質問に戻るわけだけど、「永久脱毛」っていう言葉にこだわるなら、答えはYes。でも米国の基準に照らし合わせればNoってことよ。
なんだか複雑よね。だったら永久脱毛って言葉にこだわるんじゃなくて、「しばらくはムダ毛処理しなくて済むくらいの脱毛」って考えてみたらどうかしら? 本当の意味での永久はあり得ないんだから、自己処理の場合はそう考えるのが妥当だと思う。
上記のように考えれば、ケノンはしっかり当てはまるわけだから、それがケノンを使う理由にはなるんじゃないかな? ま、医療脱毛をやっているクリニックなんかにしたら、ウザいとは思うけど。w
でも脱毛エステなんかで行われるフラッシュ脱毛も、ぶっちゃけ永久脱毛じゃないわけだから、巷で流通している「永久脱毛」って言葉は、もうニュアンスよね。永久って思えるほど手入れが不要、って人によって永久って思える期間って違うじゃない。お手入れがラクになればいいわけだから、つまりはエステの予約取ったり、実際にエステを往復したりっていう手間をかけること自体が私に言わせればラクじゃないわ。
永久にこだわるよりも、どれだけラクできるかってことにフォーカスして。そうすれば自宅で自分でムダ毛の処理ができる家庭脱毛器、中でも人気のケノンで脱毛するっていう選択肢は十分ありだと思う。

★ 公式サイトはこちらケノン