ケノンの悪いところはどこですか?


あまりにもインターネット上のケノンのクチコミやレビューがいいことばかりだから、不安に思って、あえてケノンの悪いところを知りたいと思う人も多いみたいね。ネット検索でこのブログにたどりついた人の何パーセントかはそんな感じだと思うわ。なぜなら、このブログには実際に私がケノンを使ってみて悪いと感じたことも正直に書いてあるから。
詳しいことはメニューからケノンの評価のところを見て欲しいんだけど、ここではそこに書いてあることを改めてまとめて回答とさせてもらうわね。

ケノンの悪いところ、つまりデメリットだけど、基本的には他の家庭用脱毛器との比較になると思うの。ケノンが絶対的に悪いところというより、他の脱毛器と比べたら弱いところになるかな?
そういう意味では、まず「高い」。もちろんこの高いというのはコストパフォーマンスという視点できちんと分析していない。費用対効果じゃなくて、単純に世の学生さんやOLさんが自由に使えるお金を何に使うかと考えたときに、毎日ランチに3,000円かけるのって世間の相場観から言ったら「高い」と思うのね。それと同じ意味での「高い」よ。
つまり、家庭用脱毛器の中には3万円前後のものもあるわけ。ケノンの同じフラッシュ式のものでも。それを考えたらケノンは実売で7万円~8万円はするわけだから約2位倍以上。相場観みたいな視点だと「高い」となるわけ。

それと結構大きいのが「返品できない」ということ。一見確かに返品できた方がユーザーにとってはやさしく思えるわよね。もちろん、初期不良みたいなものは返品できます。けど、ユーザー都合による返品をケノンは認めていないわけ。なぜそうなるのかは、このページに詳しく書いてあるから読んでおいて。

あとはエステサロンとの比較で「家庭用脱毛器って大丈夫?」というもの。これは悪いところじゃなくて、不安になりがちなところかな?
なんだかんだ言って肌に刺激を与えてるわけだから、セルフ脱毛って不安になると思う人もいでしょうね。
その不安になっちゃうという点はデメリットと言えなくもないけど、そういう不安を払拭するために私のこのブログがあるわけだから、まあ安心していいと思うわ。w

★ 公式サイトはこちらケノン