脱毛器ケノンのトラブルが気になります


脱毛というと、多少なりとも肌に負担がかかります。少しでも「熱い」とか「痛い」とか思えば、それは何らかのストレスを与えていると思ってね。
それでも敢えて挑戦するのが女子ってもの。美を極めるのは大変なのよ。

もちろん、度が過ぎるのは論外。火傷したり傷になったりはゴメンだわ。
脱毛器ケノンも例外じゃないけど、ある程度は自分で照射範囲やレベルの調節ができるわけだから、使う本人のさじ加減とも言えるわね。

医療機関でしかできない本当の永久脱毛は、実はものすごく痛いけど、医療機関だから絶対安心とか肌のトラブルにならないというわけじゃなくて、痛いってことはある意味トラブルになりかけているってことだからね。

エステも施術者であるエステティシャンのお姉さんの技術が未熟だと、トラブルにはなりやすくなる。それを「コラーゲン配合」とかでごまかして、肌にうるおいをとか言ってるのは、なんだか笑えるわ。これは総合エステでも、脱毛専門のエステでも同じよ。

で、家庭用脱毛器であるケノンの場合、商品によらないトラブルは、基本的には使用方法の間違いによるものだと思って。例えばサングラス。あれ、別にかけなくてもいいと思うけど、もしかけずに施術して直にフラッシュの光見ちゃったら目がおかしくなっても不思議じゃないわ。実際にはかけた方が安全だってこと。トラブルを未然に防ぐよう、ユーザー側も対処しなくちゃね。ケノンは美顔器にもなるけど、お肌への使用、特に顔の場合はきちんと説明書を読んでほしいわ。

もしなんらかのトラブルが発生したら、きちんと正直に経緯を話さないと駄目。編に誇張したり、自分の非を隠したりするのは、フェアじゃないだけでなく対応方法が変わるからお勧めしません。

★ 公式サイトはこちらケノン