ケノンで埋没毛が解消ってホント?


Q.

カミソリや抜くタイプの脱毛器で埋没毛に……。ケノンは埋没毛が解消されると聞いたけど、ホント?

 

A.

そもそも埋没毛とは、皮膚の中に毛が入り込み、肌表面から黒いブツブツが透けて見えている状態。毛穴まわりが赤くなっていることも……。

原因は、肌を痛めるムダ毛処理。カミソリや毛抜き、抜くタイプの脱毛器を使うと、肌がダメージを受け、それを修復しようとカサブタをつくるの。すると、毛の出口がみつからないものだから、カサブタの下で毛が埋まることに。皮膚の下で3~4cmにまで成長することもあるっていうから、恐怖よね!

一刻も早く、このおぞましい状態を解消しようと毛をほじくり出す人がいるけど、絶対にやめてー! 皮膚にダメージを与えて、余計に悪化するだけだから!!

じゃあ、この悩ましき埋没毛を解消しつつ脱毛を続ける最良の方法って……?

実は「フラッシュ脱毛」なの。なぜかというと、フラッシュ脱毛は毛根までしっかりアプローチするから。埋没してしまった毛も徐々に薄くなって、4~6回くらいでブツブツ毛穴がきれいに。肌を痛めることなく、いつのまにか赤ちゃん肌になれるというワケ。

フラッシュ脱毛はエステサロンでも導入されているけど、ケノンも家庭用ながらサロン用並みの効果があるといわれているの。私もカミソリで除毛したばっかりに、皮膚の中で毛が黒々と目立って、見るたびに、はがゆい思いをしていたの。でも、ケノンに出会って2週間おきにパシャっとするだけにしたら、毛が薄くなっていって、いつの間にか抜け落ちていたわ。私の場合、腕や脚は2、3ヶ月。Vラインの濃い部分で6ヶ月くらい(たぶん脇もこのくらい)。

今じゃ、つるりときれいなものよ。それに、きめ細かくワントーン明るい肌になったかも。まさに無垢な赤ちゃん肌!ケノンの効果だとは思いつつ、私の皮膚の再生能力も衰えていないわね、とひと安心(笑)

万全を期したいなら、脱毛用ジェルを使うのもおすすめ。ちょっとひんやりするから、パシャっとやったときのピリつきもやわらぐし、肌も保湿できる。乾燥するとつい肌をひっかいてしまうから、それも防げるわよ。

あと、買った人のために書いておくけど、ケノンで照射する前に剃り残した毛があると、毛が焼けてクルクルっと毛穴の中で丸まって一瞬、「埋没毛!?」ってなるけど、それは心配しないでー。1週間くらいで抜け落ちるから。

とにかくケノンを買ったら、ちょっと保湿しながら脱毛するだけでOK。まじまじと毛穴を見続けず、適当に放置するくらいの気持ちが大事よ!

★ 公式サイトはこちらケノン